常翔啓光学園中学校・高等学校

特進〔選抜コース〕

トップ > 常翔啓光学園中学校 > グランドデザイン

グランドデザイン〜頑張る君のステップアップ〜

本校の教育における最終的な到達目標は、社会で活躍できる人材を育てること。志望校合格だけを見据えたステップアップではなく、その先の大学で中高の学びを昇華させ、社会においてゼネラリストやスペシャリストとして活躍できる真に優秀な人材を育てます。

国際教育

〜世界で活躍するために〜

国際社会で求められる確かな力を養う、実践的な英語教育。
本校では、英語暗唱大会やGTEC受検サポートをはじめ、ICTを活用した生徒主体の授業、
英国インターナショナルプログラム(ロンドン研修15日間)など、
多彩なプログラムで、生きた英語力の土台を築きます。

POINT 1

英語暗唱大会・GTEC受検

授業で行う英文暗唱とその集大成である英語暗唱大会、読む・聞く・書くの3技能のスコア型テスト「GTEC」受検のサポートなど、英語を使うことに重点を置いた教育で、一人ひとりの英語力を鍛えます。

POINT 2

英国インターナショナルプログラム

夏休みを利用して行う15日間の英国インターナショナルプログラム。世界各国から集まる生徒たちと共に寮生活を送り、学びながら、友情の輪を広げることで、生きた英語力と広い視野、豊かな国際感覚を身に付けます。

先輩からのメッセージ

2回の英国インターナショナルプログラムで英語に対する意識が変わった

高校2年 L.H

中1と中2の夏、英国インターナショナルプログラムに参加しました。両親の助けがないなかでの生活ですから時には予想外のことが起こったりもしましたが、それらを乗り越えることで成長できたと実感しています。研修に参加して一番変わったのは、英語に対する意識。研修では、伝えたいことがうまく伝わらないことも多く、「もっと英語を勉強しなければ」と強く思うようになりました。高校ではオーストラリアに短期留学し、卒業後は外国の大学に進学したいと考えています。

文武両道

~バランスを大切にすること~

ラグビー部やサッカー部といった体育系から、サイエンス部、鉃道研究部などの文化系まで、クラブ活動が盛んなことも本校の特長。学業とのバランスを考えながらクラブ活動にも真剣に向き合います。仲間と一緒に過ごすかけがえのない時間が、思いやりや探求心を育み、後の受験勉強にも大きな力を発揮します。

POINT 1

大切な仲間を見つける

同じ目的に向かって励まし合い、競い合うクラブ活動の仲間の存在は、かけがえのないもの。豊かな個性や粘り強さなどを養うとともに、学年を超えて夢や将来を語り合うことができる生涯の友との出会いが待っています。

POINT 2

精神力・集中力を養う

クラブ活動を通して、勉強にも必要な精神力と集中力を高めます。文武両道を目指して、クラブ活動と補習の日を曜日で分け、顧問と担任の教員がそれぞれ成績も管理します。

先輩からのメッセージ

勉強と部活の両方を追うことで 規則正しい生活が送れるように

3年 H.T

先輩方の誘いもあり、ラグビー部に入部。初心者だったので、まずは基本的なルールから学び、現在は火曜・木曜・土曜・日曜に練習をしています。部活を通して学んだことは、挨拶や敬語など、基本的なマナーと上下関係。時間的には忙しくなりましたが、部活のない日や、毎日寝る前の時間に集中して勉強するなど、その分、規則正しい生活を送れるようになりました。このまま勉強と部活を両立し、全国制覇できるような強いチームをつくることが目標です。

コミュニケーション

〜実践的なプレゼンテーション能力を養う〜

本校には「コミュニケーション」という授業があります。これは、テーマに沿った調査研究や発表を行い、
授業を通して社会でも通用するプレゼンテーション能力を高める本校独自の取り組み。
本校ではICT(Information and Communication Technology)を活用した授業も始まり、
より高いレベルのコミュニケーション学習が実現しました。

POINT 1

プレゼンテーション能力の育成

自らの考えや調べたデータを分析する作業で「調査」「体験」「検索」を実践。個人やグループで研究をして、そのプレゼンテーションを行います。
このプレゼンテーション能力は社会に出たときに必ず役に立ちます。

POINT 2

ICTを駆使した授業

ICTの授業では、情報収集ツールとして最新のタブレットを使用。生徒たちの自発的な学習意欲を高めることにも役立っています。無線LAN環境を整備して、どの教室でもICT授業が行えるようにしていきます。

先輩からのメッセージ

テーマに沿った調査研究や発表でコミュニケーション能力を高める

3年 I.K

この学校には「コミュニケーション」という教科があり、テーマに沿った調査研究や発表でプレゼンテーション能力を高めることができます。自分たちが伝えたいことをしっかりと考え、そのうえで言葉の使い方を工夫したり、パワーポイントで見やすい資料を作るなど、一つの作品をチームのみんなと作り上げていく過程はとても楽しく、互いの絆も深まりました。この学校は、そういう独自の授業やイベントがたくさんあるので、毎日楽しく学べます。

K1心のプロジェクト

〜すべての行いの根源は「心」〜

茶道や華道の授業を通した情操教育の充実や、生きる力の醸成など、本校創立以来、受け継がれる精神を具現化した「心の教育」。
本校教員による朝の放送講話(毎週土曜)も行い、健全な心の育成を目指したプロジェクトを進めています。

POINT 1

朝の挨拶から始まる一日

挨拶などの礼儀、社会常識、服装の着こなし、言葉遣いといった社会生活の基本的な事項を日常的に教育。大きな意味での「生きる力」を育みます。

POINT 2

礼儀作法を身に付ける

情操教育の一環として、1年生で茶道、2年生で華道を習得。男女共に普段の生活にも役立つ美しい所作や作法を身に付けることができ、他人に対する敬意や気遣い、思いやりの心も高まります。

先輩からのメッセージ

日本の伝統や文化を知り、礼儀作法が身に付く貴重な経験

2年 K.O

茶道の授業はまず正座からのスタートで、最初は少し大変でした。けれど、徐々に体が慣れ、そのうち気持ちを落ち着かせてお茶をたてることができるようになりました。こういう授業がなかったら茶道を学ぶことはなかったと思いますし、日本の伝統や文化に触れることもできたので、今振り返るととてもよい経験になったと思います。また、挨拶をはじめとする正しい礼儀作法を教わったことで、周囲の人とのコミュニケーションもうまく取れるようになった気がします。

  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 中学校募集要項
  • 高等学校募集要項
  • 資料請求
  • いじめ防止基本方針