常翔啓光学園中学校・高等学校

グランドミッションなど

トップ > 学校概要 > グランドミッションなど

校長挨拶

常翔啓光学園高等学校では、自ら学ぶ姿勢を育成して学力を向上させることと、挨拶や礼儀、他人への思いやりといった人間力育成のための「心の教育」を教育方針に定め、きめ細やかな教育を実践してきました。
1957年の中学校、1960年の高等学校開設以来、進学校の伝統を築きながら、学園内大学の各学校との連携を深めて充実した教育活動を展開しています。
2020年は、新型コロナウイルス感染症の問題で、世界中が大きな混乱の中にあります。必ず、私たち人類はそれに打ち勝って新しい世界(Society5.0)を築いていきます。私は、生徒たちに校訓である「熱心であれ、力強くあれ、優しくあれ」を念頭において、よく学び、大いに楽しみ、充実した学校生活を送ってほしいと願っております。さらに、世界が直面している問題に対してもこの校訓を胸に、周りの人たちと協力して積極的に立ち向かってほしいと思います。
私たち教職員一同も、生徒と保護者の皆さんが「常翔啓光学園高等学校に入学してよかった」と心から感じ、いつまでも母校愛の持てる誇りある学校をつくるよう精一杯努力をしてまいります。

校長 吉村 仁志
校長吉村 仁志

建学の精神

世のため、人のため、地域のため、理論に裏付けられた実践的技術をもち、現場で活躍できる専門職業人を育成する。

教育の理念

ユニバーサル社会を創造する人間の自覚と能力を育み、社会に貢献できる人間を育成する。

校訓

  • 熱心であれ[探求心]
  • 力強くあれ[自学自習・人間力]
  • 優しくあれ[思いやり]

教育の方針

探求心と自学自習の力を育てる学習指導/学力の向上

  • ■基礎学力の確立を図るとともに、応用力・実践力を養う。
  • ■個人個人の学習進度に応じた指導体制で学ぶ意欲を持たせる。
  • ■難関大学への進学を目指した授業を提供する。

思いやりとたくましさを備える心の教育/人間力の基礎

  • ■「挨拶・身だしなみ・マナー」を常に意識させる。
  • ■自己管理(健康・時間・持ち物)を徹底させる。
  • ■学校行事を通して「共学・共生」の精神を身に付けさせる。
  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 大学進学実績
  • 資料請求
  • 図書室
  • コロナ対策 学生・生徒支援基金