常翔啓光学園中学校・高等学校

学習サポート体制

トップ > 進学・進路 > 学習サポート体制

K1 サポート~安心のバックアップ体制~

K1サポート

勉強する目的を明確にし、6年間を通してサポートする

松本 晃平
松本 晃平

担任教員として常に心掛けているのは、何のために勉強するのかという目的を明確にすること。ただやみくもに勉強するのではなく、目標や目的を定めて計画を立て、それに沿って効率よく勉強していく方が高い成果が望めるからです。私は、中1から中2はどんな進路も選べるしっかりとした土台を築く時期、中3から高1は具体的な志望校や将来就きたい仕事を選ぶ時期、高2から高3はその夢に向かって走る時期だと考えています。そのためにも、まずはK1ノートで生徒の実情をしっかりと把握し、教科担当の教員やチューターとも連携しながら、6年間を通してサポートし続けていくことが大切だと思っています。

K1のポイント

K1タイム

復習を中心とした自主学習のために、中学では午後7時までを自習タイムとし、OB・OGの大学生チューターや外部講師、本校教員が個別にサポートしています。その日の学習内容の復習のほか、質問もできますし、興味あることを更に深める勉強に自主的に取り組むことができます。

K1ノート(中学校)

1日の学習内容を整理・反復し、週単位・月単位で学習を計画・実行・反省するためのノート。保護者さまと担任とでやり取りし、情報を共有します。

K1クエスト(中学校)

自分が就きたい職業にはどんな勉強が必要か、そのためにはどの大学・学部を選べばいいのかを早い時期からしっかりアドバイス。確かな職業観を育む多彩なプログラムを用意しています。

Supporter's Voice

担任教員

早瀬 由美子 [英語]

毎週の学年会で情報共有を行い、生徒一人ひとりの学習進度を把握。K1ノートにより毎日の学習内容を整理し、悩みや目標も共有しながら全力でサポートします。

K1ゼミ担当

近藤 広幸[社会]

有名予備校などから講師を招聘し、本校の学力深度に合わせた実践的な指導を実施。予備校が持つ受験のノウハウや受験に関する最新の情報なども共有しています。

教科担当

川端 健介[数学]

毎週の教科会で複数の教科担当が密に連携し、的確な学習サポートを実施。K1ゼミの講師とも情報を共有しながら課題と学習手段を検討し、個々の学力を伸ばします。

保護者代表

竹内 達哉[後援会会長]
常翔啓光学園中学校・高等学校後援会

勉強面だけでなく、一人ひとりの個性を理解し、生活面までしっかりと見てくれるのが本校の特徴。後援会でも、忌憚のない意見交換を毎月行い、その内容を学校と共有。親と学校が一丸となって子どもたちをサポートします。

3つの新しい学び 2020年の大学入試制度改革に向けて

文部科学省主導のもと、2020年度から実施される大学入試制度改革。本校においても、これからの社会で必要な21世紀型の学力を身に付けさせるべく、さまざまな取り組みを行っています。

ICTの導入

英語や総合的な学習の時間でICTを活用した授業を実施。校舎内に無線LAN環境を整えるとともに、生徒用のタブレットを用意し、あらゆる科目で展開します。

アクティブラーニング

さまざまな科目でアクティブラーニングを行っています。グループワークを通して、主体的・協働的に学ぶことにより、より深く理解することができます。

グローバル化

2週間から1年間まで、英語圏への3つの留学制度を設定。長期留学の場合でも3年間での卒業が可能です。常勤のネイティブスピーカーによる会話中心の授業やオンライン英会話も取り入れています。

  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 中学校イベント申込みサイトへ
  • 中学プレテスト お申し込みサイトへ
  • 高等学校イベント申込みサイトへ
  • 資料請求
  • いじめ防止基本方針