常翔啓光学園中学校・高等学校

学習サポート体制

トップ > 進学・進路 > 学習サポート体制

K1 サポート~安心のバックアップ体制~

K1サポート

勉強する目的を明確にし、6年間を通してサポートする

松本 晃平
松本 晃平

担任教員として常に心掛けているのは、何のために勉強するのかという目的を明確にすること。ただやみくもに勉強するのではなく、目標や目的を定めて計画を立て、それに沿って効率よく勉強していく方が高い成果が望めるからです。私は、中1から中2はどんな進路も選べるしっかりとした土台を築く時期、中3から高1は具体的な志望校や将来就きたい仕事を選ぶ時期、高2から高3はその夢に向かって走る時期だと考えています。そのためにも、まずはK1ノートで生徒の実情をしっかりと把握し、教科担当の教員やチューターとも連携しながら、6年間を通してサポートし続けていくことが大切だと思っています。

K1のポイント

K1タイム

実力アップに欠かせないのが復習を中心とする自学自習。中学校では午後7時まで、高校は午後8時までを自習タイムとし、OB・OGの大学生チューターが効果的な勉強法を教えます。

K1ノート(中学校)

授業を受けている間は理解していても、時間がたつと忘れがちになる学習内容。本校ではK1ノートを使用し、毎日の学習内容を整理・反復。週単位や月単位での計画・実行・反省を促します。

K1クエスト(中学校)

自分が就きたい職業にはどんな勉強が必要か、そのためにはどの大学・学部を選べばいいのかを早い時期からしっかりアドバイス。確かな職業観を育む多彩なプログラムを用意しています。

Supporters' Voice

学園内大学

野村 良紀工学博士
大阪工業大学 教務部長・教職主任 教授 工学部応用化学科

大学での模擬講義や実験設備の見学などを通して、自らの進路を具体的に考える機会を提供。自分が何に興味があるのか、何を学びたいのかを見つけてほしいと願っています。

担任教員

早瀬 由美子 [英語]

毎週の学年会で情報共有を行い、生徒一人ひとりの学習進度を把握。K1ノートにより毎日の学習内容を整理し、悩みや目標も共有しながら全力でサポートします。

K1ゼミ担当

近藤 広幸

有名予備校などから講師を招聘し、本校の学力深度に合わせた実践的な指導を実施。予備校が持つ受験のノウハウや受験に関する最新の情報なども共有しています。

教科担当

川端 健介[数学]

毎週の教科会で複数の教科担当が密に連携し、的確な学習サポートを実施。K1ゼミの講師とも情報を共有しながら課題と学習手段を検討し、個々の学力を伸ばします。

K1タイムチューター

中平 結花

復習を中心とする自学自習と、自身の受験経験を生かした精神的なサポートに注力。つらい時期の上手な乗り越え方なども、できるだけ具体的にアドバイスします。

保護者

竹内 達哉会長
常翔啓光学園中学校・高等学校後援会

勉強面だけでなく、一人ひとりの個性を理解し、生活面までしっかりと見てくれるのが本校の特徴。後援会でも、忌憚のない意見交換を毎月行い、その内容を学校と共有。親と学校が一丸となって子どもたちをサポートします。

  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 中学校イベント申込みサイトへ
  • 高等学校イベント申込みサイトへ
  • 2017/10/22 北河内合同説明会
  • 60周年記念フェスティバル
  • 中学校募集要項
  • 高等学校募集要項
  • 資料請求
  • いじめ防止基本方針