常翔啓光学園中学校・高等学校

教科

トップ > 常翔啓光学園中学校 > 教科

学びのステップ [教科]

教員たちは、生徒との程よい距離感を常に意識し、いつでも質問・相談できる アットホームな雰囲気づくりを徹底。
どの教科においても、生徒たちのモチベーションを維持するため、さまざまな工夫を凝らして日々の授業に取り組んでいます。

英語English

国際社会で活用できる英語力を習得

大学受験の1科目ではなく、異文化への扉を開き、国際社会で活用するコミュニケーションツールとして、多聴多読によって身に付けていきます。

これからの時代に対応した
音読重視の授業を展開
妹尾 亮Ryo Seno

これからの英語で重要なのは、話すこと。ただ単に頭で覚えるだけでなく、言葉としてすぐに口から出てくるように「音読」を重視した授業を展開しています。文法や発音の勉強だけでなく、その背景となる異国の文化を知ることで英語はぐんと楽しくなります。授業では、映画や音楽、雑誌の記事など、さまざまなものを教材として取り入れ、体験を通して学べる環境も構築しています。

授業計画
1年生

音楽やピクチャーカードを使って楽しみや遊びを授業に取り入れていきます。ネイティブスピーカーとの英会話を通じて、聞き取りや表現力を豊かにしていきます。

2年生

語い力の強化と基礎の反復を重視し、さらなる発展を目指します。また、GTECにチャレンジし、自己の達成度が確認できる学習を展開していきます。

3年生

中学文法を理解し、高校英語へと進んでいきます。リスニングの学習を充実させ、長文や演習問題に取り組みながら、大学受験にも対応できる応用力を養います。

国語Japanese

「読・書・聞・話」をバランスよく

あらゆる学問領域に必要な言葉の学習を基礎から発展まで体系的、計画的に積み上げていきます。

さまざまな文章に触れ、
理解力・表現力を鍛え抜く
森 昌範Masanori Mori

「読・書・聞・話」をバランスよく積み上げていく3年間の国語の学習。授業では、聞くことと話すことを特に重視し、1年次から「故事と成語」を音読するなど、言葉の背景と正しい文章のリズムをしっかりと身に付けるようにしています。言葉というのは、これから生きていく上で欠かせない重要なツール。授業を通してさまざまな文章に触れ、理解力や表現力を磨いていきましょう。

授業計画
1年生

音読や作文を通して基本的な語い力や慣用的な表現を身に付けていきます。古典は音読を中心にリズムに慣れることからスタートします。

2年生

身近な事柄の本質に目を向ける力を養います。古典は作品に描かれた人の生活や普遍的なものの考え方、感じ方の理解を深めます。

3年生

さまざまな文章に触れることで社会に対する視野を広め、深く思考する力や自分の思いを正しく伝える表現力の向上を目指します。

数学Mathematics

解けるから楽しいと感じる指導を展開

基礎の定着を確認しながら、応用力、論理的思考力の養成を目指した指導を展開します。

解けない問題はない
諦めずに挑み続ける
外村 真也Sinya Sotomura

数学で一番大切なことは、正しい答えにたどり着くまでしっかりと考え抜くこと。解けない問題はありません。いつかはできるようになると信じて諦めずに挑み続けることが重要です。公式を丸暗記するのではなく、公式を使って解答を導き出せる応用力が身に付けば、苦手意識もなくなるはず。そのためにも、わからないことをそのままにせず、わかるまで復習する習慣を付けてください。

授業計画
1年生

数学の基礎となる式の作り方など生徒一人ひとりの理解度を確認しながら学習します。また、宿題や朝学を通じて問題や計算にじっくり取り組む忍耐力も養います。

2年生

図形や確率の学習を通じて、問題に応じた表現方法を身に付けていきます。繰り返し多くの問題を解くことで、発展的な内容への理解につなげていきます。

3年生

理解が不十分であった分野を復習することで、高校数学への自然な流れをつくっていきます。無理のない先取り学習から大学入試に向けた発展学習を積み上げていきます。

サイエンスScience

科学的現象の面白さに気付くカリキュラム

身の回りの科学的現象の仕組みや関係性を理解し、興味・関心の中から答えを導き出す力を養成します。

実験・観察の機会も豊富
本物を通して理解を深める
森田 永里奈Erina Morita

自分で実験し、本物の自然現象や科学現象を目にする機会は、サイエンスを学ぶ上でとても大切なこと。物理・地学の実験室など、設備の整った本校では、実験・観察の機会も豊富にあります。苦手意識を持つ生徒も多いサイエンスですが、生活の中で生かせる知識も多く、実は実用的で楽しい学問。読解力、表現力、計算力など、幅広い力が必要となるので、総合力の向上にも役立ちます。

授業計画
1年生

生物・地学の基礎を中心に学習します。各種実験・観察を行い、実験方法や器具の使い方に慣れていきながら、実験レポートの書き方も習得していきます。

2年生

基礎的な科学的法則を身に付けながら、物理や化学に関する実験を行い、自分を含めた周囲に目を向ける姿勢を養っていきます。

3年生

中3の学習内容だけでなく、中1・中2の復習を行い中学内容の定着を図っています。科学的現象の仕組みや関係性を分かりやすく説明する力を醸成します。

社会の事象に触れ、 創造性を養う

社会科の総合的な力を身に付け、自発的に学習する姿勢と探求心を育みます。

興味や関心につながる
体験型の学習も導入
高木 康行Yasuyuki Takagi

社会が得意になるコツは、単純な暗記科目だと考えず、その裏にある理屈や流れをつかむこと。最近では、小説や漫画をきっかけに歴史を学ぶ人も増えています。要は、自分の頭に入ってきやすい方法を選べば良いのです。また、世の中で起こっていることに興味や関心を持つことも大切。そのため、授業でも大学や裁判所の見学など、興味や関心につながる体験型の学習を取り入れています。

授業計画
1年生

世界地理、日本地理などから全体を把握することを心掛けています。その後、地域ごとに焦点を絞り、身近なテーマを取り上げながら興味・関心を養います。

2年生

古代から現代までの日本史を中心に学習します。歴史上の重要な出来事や人物などを深く掘り下げることで、その背景や流れなどを理解していきます。

3年生

近隣地域や家族など生活全般の関わりについて学習し、さらに政治・経済等を統計資料に基づいて読み解き、自分の力で説明・発表することを目標にしています。

  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 中学校入学試験・出願はこちら
  • 出願に関する書類ダウンロード
  • 中学校イベント申込みサイトへ
  • 高等学校イベント申込みサイトへ
  • 資料請求
  • いじめ防止基本方針