常翔啓光学園中学校・高等学校

20のプログラム

トップ > 常翔啓光学園中学校 > 学習システム

学習システム~頑張る君のための学習システム~

長年の経験から生まれた本校独自の学習システムを用意し、生徒一人ひとりの「今」と「未来」をバックアップ。
学力だけでなく、コミュニケーション能力や人間力まで、しっかりと磨きあげます。

効果的なテスト

(しゅうまる)テスト

「1週間完結型授業」を目的とし、主要5教科の復習テストを土曜日の1時間目に実施。各教科10分程度で1週間の学習定着度を測ります。このテストで見つけた弱点は、担任や教科担当が密着指導する「課外強化講習」で克服します。

朝学

英単語や漢字などは、覚えなければと思いながらもなかなか毎日続けられないものです。本校では毎朝、10分間テストをしています。内容は、英単語・漢字・数学計算演習などで、基礎学力を養成するだけでなく、継続して勉強する姿勢も養います。

コミュニケーション能力の向上

コミュニケーション能力養成講座

今、社会では、学力や専門知識だけでなく、他人との関わりを持つ力が求められています。各種行事を通じてコミュニケーション能力を養います。本校では独自の科目「コミュニケーション」を設け、その集大成として「卒業研究発表」も行います。

海外研修(留学)

語学力を身に付けるだけではなく異文化に触れることに大きな意味があります。夏期休暇期間を利用した2週間留学(ロンドン)のほかにも、高校卒業までに目的やレベルに応じたいくつかの留学プログラムを用意しています。

人間力アップサポート

K1クエスト

就きたい職業に最適な学部は?どの大学を選ぶべき?高校卒業後の自分探しは、早い段階から始めることが大切。本校では職業観を養うための様々なプログラムを用意しています。なぜ勉強するのかも含めて、自分で答えを見つけるためのプログラムです。

オリエンテーション合宿

入学後すぐに実施するこの合宿は、集団生活の基本を理解し、身に付けるためのプログラム。先輩たちによる、行事やクラブ活動、学校のルールの紹介発表など、本校を知るよい機会でもあります。縦割りで行いますので、学年を越えて交流を深めることができます。

レベルアップサポート

K1タイム

復習を中心とした自主学習のために、中学では午後7時までを自習タイムとし、OB・OGの大学生チューターや外部講師、本校教員が個別にサポートしています。その日の学習内容の復習のほか、質問もできますし、興味あることを更に深める勉強に自主的に取り組むことができます。

英語教育

知識としての英語ではなく、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を身に付けるためのプログラムを展開しています。ネイティブスピーカーによる授業・終礼のほかにも、「ORT(オックスフォードリーディングツリー)」を活用した授業や、GTEC受験指導にも力を入れています。年に1度の「英語暗唱大会」ではレベルの高い発表が続きます。

サイエンスラボ / イノベーション教育

中学生の段階から世界水準の研究に触れることで、知的探求心や学ぶ意欲を育てます。常翔学園のスケールを最大限に活用した学園内大学との連携授業「サイエンスラボ」、大阪工業大学ロボティクス&デザインセンターと提携した「イノベーション(デザイン思考)授業」は学習への興味と好奇心を育てます。

3つの学び[2020年の大学入試制度改革に向けて]

文部科学省主導のもと、2020年度から実施される大学入試制度改革。
本校においても、これからの社会で必要な21世紀型の学力を身に付けさせるべく、さまざまな取り組みを始めています。

ICTの導入

英語や総合的な学習の時間でICTを活用した授業を実施。校舎内に無線LAN環境を整えるとともに、生徒用のタブレットを用意し、あらゆる科目で展開します。

アクティブラーニング

さまざまな科目でアクティブラーニングを行っています。グループワークを通して、主体的・協働的に学ぶことにより、より深く理解することができます。

グローバル化

英語暗唱大会やGTEC受験サポート、英国インターナショナルプログラムなど、多彩なプログラムを用意。常勤のネイティブスピーカーによる会話中心の授業も取り入れています。

  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 中学校イベント申込みサイトへ
  • 高等学校イベント申込みサイトへ
  • 2017/10/22 北河内合同説明会
  • 60周年記念フェスティバル
  • 中学校募集要項
  • 高等学校募集要項
  • 資料請求
  • いじめ防止基本方針