常翔啓光学園中学校・高等学校

20のプログラム

トップ > 常翔啓光学園中学校 > 20のプログラム

20のプログラム~頑張る君のために~

本校のスローガンである「自・優・探・心」をブラッシュアップするために用意された教育プログラム。本校独自の教育とネットワークを生かして一人ひとりをバックアップし、モチベーションの維持と向上、やる気の継続で志望校合格へと導きます。

あらゆる角度からバックアップする 充実のサポート体制

「20のプログラム」は、本校が誇る最も特長的な教育システム。
それぞれの夢を支える確かなサポーターとして、能力向上を効果的に支えます。

ユニークで効果的なテストTEST

01
1週間の学習定着度をチェック(しゅうまる)テストシステム

「1週間完結型授業」を目的として、英語、数学など5教科のテストを土曜日の1時限目に実施しています。各教科10分程度で一週間分の学習内容の定着度をはかる復習テストです。定期テスト前の学習にも役立っています。高校は授業中に実施しています。

02
見直し学習で実力アップ中間、期末テスト満点答案作成システム

定期テストが終わった後の点数を見て、良し悪しを判断するだけでは意味がありません。このシステムでは、できなかった問題を復習し理解することで実力アップにつなげます。

03
毎朝10分間の小テスト朝学

英単語、漢字などは、覚えなければと思いながら、なかなか毎日は続かないものです。そこで、毎朝10分間テストをしています。内容は英単語、漢字、計算。高校では語法、古文単語、数学演習などで、コースにより内容は異なります。

コミュニケーション能力向上COMMUNICATION

04
伝え、理解し、共有するコミュニケーション能力養成

今、社会で求められているのは、学力や専門知識だけではなく、他人との関わりがきちんと持てるかどうかです。教科「コミュニケーション」と各種行事を通じてコミュニケーション能力を養います。

05
コミュニケーション能力養成の集大成卒業研究発表会

中学校では卒業研究発表会をコミュニケーション能力養成の集大成と位置づけています。内容も大切ですが、何より自分で調べ、まとめ、発表することで、断片的な知識ではない何かが見えてきます。疑問→仮説→検証を大切にしています。

06
調べ、考え、発表する3分間スピーチコンテスト

環境問題などを題材に、調べ、考え、発表する機会です。高校1年生全員が、冬期休暇期間を利用して、取り組みます。3学期になるとすぐ、学年の実行委員会を組織し、クラス予選、代表による決勝戦を実施します。

07
国際人を育成海外研修(留学)

語学力を身に付けるだけではなく、異文化に触れることに大きな意味があります。英語圏へ夏期休暇期間を利用した2週間と3カ月間の短期、1年間の長期の3つの留学があります(中学生が参加できるのは2週間の研修です)。

人間力アップサポートHUMAN POWER

08
高校卒業後の自分探しK1クエスト

就きたい職業にはどの学部が最適か、どの大学を選べばよいのかを考えることが大切です。なぜ勉強するのかを含め、早い時期に職業観を養うことが必要と考え、さまざまなプログラムを用意しています。

09
集団生活の基礎づくりオリエンテーション合宿

入学してすぐ実施するこの合宿は集団生活の基本を理解し、在校生による行事・クラブ活動紹介など本校をよく知る機会です。さまざまなアクティビティーを通じて、学年を超えて交流を深めることができます。

レベルアップサポートLEVEL UP

10
復習中心の自習タイムK1タイム

復習を中心とする自主学習のため、中学校では午後7時まで、高校は午後8時までを自習タイムとし、OB・OGの大学生チューターが個別にサポート。高校ではチューターをつけずに自習するK1タイム+もあります。

11
予備校講師による大学合格力養成講座K1ゼミ

高校での各授業は、大学受験を前提とした内容ですが、より受験に直結した内容を、有名予備校講師が指導します。本校の学習進度に合った内容で、戸惑うことなく実力を付けられます(希望制・有料)。

12
夏休み理系脳養成サイエンスキャンプ

全国の研究所・大学の協力のもと、主に夏期休暇中に実施されるサイエンスキャンプに参加します。理系学部への進学に対する意識やモチベーション向上につなげます。

13
学びの持久力育成K1スタディキャンプ

1日12時間の学習目標のもと、高校1年生では英語、数学を中心に、2年生では文系、理系に応じた教科で実施する合宿です。内容の習得にとどまらず、長時間の勉強に慣れ、自学自習の学習態度を身に付けることも目標の一つです。

14
英語力と自信が身に付く英語暗唱大会

中学生の英語の授業では、英文の暗唱を行います。その集大成として年に1回、クラス全員の予選を実施し、選抜されたクラス代表による全学年一斉の英語暗唱大会を開催しています。力のこもった暗唱は見応えがあり、生徒個々の成長も感じられます。

15
学習内容の整理、反復で鍛えるK1ノート

授業を受けている間は分かっていることでも、少し時間がたつと忘れがちです。その日の学習内容を整理、反復するとともに、週単位、月単位の計画、実行、反省のためのノートです。

16
復習授業で確実に追いつく課外強化講習(補習)

テストなどで見つけた苦手単元を、担任や教科担当が密着指導。理解が十分でない生徒を対象に適宜、復習授業を実施し、授業内容を確実に身に付けます。

17
留学先でも使える英語力へGTEC受検

GTECとは、「読む」・「聞く」・「書く」の3技能のスコア型テストで、英語を実際に使うことに重点を置いています。日ごろの授業の達成度を測るだけでなく、留学先でも使える英語力を育成します。

18
世界水準の研究に触れるサイエンスラボ

中学生の段階から大学の世界水準の研究に触れることで、知的探求心や学ぶ意欲を高めていきます。学園内大学をはじめとするさまざまな大学の研究者などとの交流を通じて、学習への興味や好奇心をより活性化させていきます。

家庭へのサポートHOME

19
保護者の皆さまとの関係強化家庭教育講座

子育ては家庭教育と学校教育の2本柱で成り立ちます。保護者の皆さまに集まっていただき、講演を聴いていただいたり、情報交換を行ったりします。女子マラソン五輪、銀・銅メダリストの有森裕子氏にも講演していただきました。

20
生徒の安全・安心を確保登下校サポートシステム

登下校時の安全確保は昨今の社会情勢からみて、最も気になることの一つです。生徒がカードリーダーに生徒証(ICカード)をかざすと、登下校時刻の情報が保護者の方にメール配信されます。

  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 中学校イベント申込みサイトへ
  • 高等学校イベント申込みサイトへ
  • 中学校募集要項
  • 高等学校募集要項
  • 資料請求
  • いじめ防止基本方針