News中学校

 
  • 先生ブログ

4/20 中学1年 NIE教育

「総合的な学習の時間」に、本校では3年間系統立てた授業展開をしています。生徒が課題を見つけ、仮説を立て、エビデンスによって結論を導き出す課題解決型の授業です。本校では、「コミュニケーションの授業」と呼んでいます。

とは言っても中学1年生ではなかなか難しいので、NIE(Newspaper In Education)教育に取り組み、興味や関心のあるものにスポットを当てて、「100年後に残したい記事」をテーマにグループで新聞作製をします。NIE教育とは、学校などで新聞を教材として活用する活動です。本校では産経新聞社に協力いただき、5年目を迎えます。100年前の新聞のコピーを持参いただき、現代の新聞との違いに、生徒ともどもたいへん驚きました。指導にあたっていただいた記者の方から、新聞の見出しや本文からキーワードを見つけ出し、そこからさらに深く調べていこうという声掛けで、上級生が作製した新聞も参考に、生徒たちはタブレットを活用しながら作業を開始しました。

「新聞をとっているご家庭はどれくらいありますか」という問いに対して、9割近くの生徒が手を挙げていました。私の予想よりも多く、デジタル全盛時代でも、活字の大切さに理解を示すご家庭が多いことに安心感を覚えました。

グループ活動も含めて、良いものを作っていきましょう!

 

校長:山田