常翔啓光学園中学校・高等学校

クラブ活動レポート

トップ > 常翔啓光学園高等学校 > クラブ活動レポート > 詳細

〔硬式野球部〕平成29年度秋季近畿地区大会予選 1回戦

新チーム発足後の初の公式戦が幕を開けます。初戦の相手は星翔高等学校さん。金光大阪高等学校さんのグラウンドでプレイボールです。

初回から両者共ランナーを出しますが、得点に結びつけることができません。2回表には啓光が2連続ヒットとエンドランで2死2・3塁のチャンスを作りますが、後続が打ち取られてしまいます。

2回裏、先頭打者を死球で出塁させると、次打者のバント処理を誤り、ランナーを1・3塁に進められてしまいます。続く打者にはレフトへのタイムリーを打たれ、先制点を決められてしまいます。チームに焦りが出てくると、またしても内野手のエラーが出てしまい、追加点を入れられてしまいます。その後も、内野安打と四球、バッテリーエラーで3失点し、5-0と大量リードを許してしまいます。

啓光が3回表に1点を返すも、3回裏には相手チームに2点を追加されてしまい、嫌なゲーム展開を打破することができません。それでも、4回表に9番打者のタイムリーで1得点し、4回裏の相手打線を3人で切り抜けると、5回表には反撃のチャンスメイクに成功します。

四球とヒットで無死1・2塁とすると、4番バッターがレフトオーバーのタイムリーヒットを放ち、2点を返します。相手野手の送球間にバッターランナーが3塁に進むと、次打者が犠牲フライでさらに1点を追加。7-5と得点差を縮めます。

その後、相手チームは毎回得点圏にランナーを進めますが、その都度ピンチを切り抜けて得点を与えません。しかし、啓光打線も6回表と7回表の攻撃を3人で終えてしまい、ゲームの流れを掴み損ないます。

7回裏、この回の先頭打者をヒットで出塁させると、死球と失策で無死満塁のピンチを背負います。続く打者の内野ゴロを得点に繋げてしまうと、4番バッターにはレフトへのタイムリー2ベースを打たれて失点してしまいます。ここで2番手投手が登板しますが、ゲームの流れを変えることができず、さらに2失点。7回裏12-5のコールドで敗北しました。

-----
〔今日のヒトコト〕
僕は背番号をもらってベンチから試合を見ていましたが、全体的に声が出ていなくて、点を取ったときにしか声が出ませんでした。また、僕はこの試合を見ていて、負けてしまったのは自分たちの練習の取り組み方や私生活の乱れが試合に出てしまったと思いました。背番号をもらっていたのに全然サポートができていなかった自分が悔しいです。春と夏の大会はもっともっとレベルアップして、チームが1勝でも多く勝てるようにこれから頑張っていこうと思いました。(2年 R.K.)

攻撃前ミーティング
ゲームセット
  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 中学校イベント申込みサイトへ
  • 高等学校イベント申込みサイトへ
  • 中学校募集要項
  • 高等学校募集要項
  • 資料請求
  • いじめ防止基本方針