常翔啓光学園中学校・高等学校

クラブ活動レポート

トップ > 常翔啓光学園高等学校 > クラブ活動レポート > 詳細

〔硬式野球部〕vs.菟道高等学校

今日は菟道高等学校さんと練習試合をさせていただきました。

三回裏、四球で先頭打者に出塁を許すと、次打者にバスターを決められ、得点圏にランナーを進められます。さらに、バッテリーエラーでランナー二、三塁のピンチを招いてしまいます。しかし、後続を2連続三振とピッチャーゴロに打ち取り、無失点でピンチを切り抜けます。

ピンチを脱した直後の四回表、先頭打者がレフト前にヒットを放つと、次打者が初球でセーフティバントを決め、チャンスを作ります。その後、ランナーを二、三塁に進めると、3番バッターがレフトオーバーのタイムリー2ベースヒットを放ち、先制点を奪います。さらに、この回に1点を追加し、3-0とリードを広げます。

五回と六回には両チームとも1点ずつ加えるも、ゲームを決定づけるプレーが出ず、緊迫した状況は続きます。それでも、啓光の先発投手が粘り強い投球で完投し、5-2で勝利しました。

2試合目、試合は六回表に動きます。一死二塁の場面で、相手バッターにライト前ヒットを浴びると、エラーが絡み1点を献上してしまいます。続いて2連続安打を打たれ、この回2点を失ってしまいます。

六回裏に1点を返した啓光ですが、その後はなかなか得点することができません。

1点ビハインドで迎えた最終回、一死から代打がライトへ3ベースヒットを打ち、同点のチャンスを作ります。次打者はセカンドライナーに倒れますが、続く代打がセンター前へタイムリーヒットを放ち、同点に追いつきます。さらに、二死一塁の場面で打席に入ったバッターがレフトオーバーのヒットを放ち、一塁ランナーがホームを陥れようとします。しかし、相手野手の好守備によって一塁ランナーがホームでタッチアウトとなり、2-2で引き分けました。

-----
〔今日のヒトコト〕
2試合ともエラーや四死球が少なく、ベンチワークもできていた。良い雰囲気で内容も良かったと思う。ただ、2試合目の打撃で見逃し三振が多かったので、次の試合からは積極的に振っていきたい。(2年 T.I.)

結果が出ない人も少なくはないと思うが、落ち込まず、普段の練習により励み、先生から頂いたアドバイスをしっかりと意識して取り組んでいきたい。(2年 R.F.)

先制の2点タイムリー!(1試合目、四回表)
緊迫した状況(2試合目、守備)
同点のきっかけとなる3ベースヒット!(2試合目、九回裏)
代打、同点打!(2試合目、九回裏)
  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 中学校入学試験・出願はこちら
  • 出願に関する書類ダウンロード
  • 中学校イベント申込みサイトへ
  • 高等学校イベント申込みサイトへ
  • 資料請求
  • いじめ防止基本方針