常翔啓光学園中学校・高等学校

常翔トピックス

トップ > 常翔トピックス > 詳細

〔高3〕卒業式 ~卒業してもGRITを~

卒業してもGRITを!!

高3学年主任
清水弘和

GRIT学年の皆さん、卒業おめでとうございます。とうとうお別れの日がやって来ました。本来は、2/29の最後の学年集会で、君たちの顔を見ながら話をしたかったのですが、放送でということになり本当に残念です。本校の「令和」初の卒業生である君たちは、センター試験終了、GTEC3技能テスト終了など何かと節目の多い学年で、私にとっては40代最後の思い出深い学年となりました。特に記憶に強く残っていることは高2修学旅行の突然の延期です。台風と地震のダブルパンチで、海外、国内の4コースとも突然延期となり、オーストラリアに関しては出発前日に欠航のため再延期というオマケまでつきました。そして今回のコロナショックです。本校だけではないですが、卒業式が中止という前代未聞の事態が発生し、私自身のみならず、保護者の方も残念で仕方ないことと思います。子供の成長の節目を実感できる機会がひとつなくなりましたが、帰宅したら、是非君たち自身で保護者の方へ感謝の言葉を伝えてほしいと思います。

君たち自身、この3年間の高校生活を振り返ってみていかがですか?いろいろな思い出が頭の中を巡ると思いますが、「進路目標の実現」という観点から見ると、勉強、クラブ活動、学校行事、学外活動など分け隔てなく、その時に取り組むべきことを投げ出さす、小さなGRITと成功体験を積み上げ、多少のトラブルや失敗くらいではブレないしっかりした芯を作ってもらいたい、と君たちには言い続けてきたつもりです。3年前と大きく異なることは、君たちは間違いなく3年間分成長したということです。物事への対応力、時間配分、優先順位の判断力などは確実に向上し、いろいろなことをGRITできる力も高まったのです!

今日で高校生活をGRITしますが、長い人生から見れば、GRITのひとつにすぎません。これからは成人した大学生、社会人としてGRITしていくべきことが無数に出てくることでしょう。楽しいこと、うれしいこと、感動することなどばかりでなく、つらいこと、苦しいこと、しんどいこと、面倒くさいことなど、これからもたくさん遭遇することでしょう。そんな時は、GRITを思い出し、ひとつひとつ乗り越え、君たちが社会の一員として、自分が選んだ場所で活躍することを心から願っています。次は成人式の日に、更に成長した君たちに会えるのを楽しみにしています。また会う日まで、さようなら!

  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 資料請求
  • 図書室