News高等学校

 
  • 先生ブログ

12/2 高2企業探究発表会

本校では教育の3本柱として、グローバル教育、キャリアデザイン教育、21世紀型教育を掲げています。

その中で、キャリアデザイン教育と21世紀型教育は「総合的な探究の時間」の授業計画に取り込み、

PBL授業(Project Based Learning)を実践しています。

PBL授業とは課題を基にした学習法で、答えが一つに決められない問題に、生徒が仮説を立て、検証し、結論を導き出す授業展開です。課題解決型授業ともいいます。

高校2年生では、企業から与えられたミッションを、高校生の視点で解決していく授業に取り組んでいます。企業とは、例えばメニコン、博報堂、三菱地所、カルビーなど、よく知られた会社です。

生徒はグループを組んで、企業から与えられたミッションに対する解決策を、パワーポイントにまとめてプレゼンテーションします。今日は、各クラスからの代表者による発表会でした。

答えがない課題に立ち向かうのは、たいへんなエネルギーが必要です。

私たちの年代は、いかに多くのことを暗記し、いかに素早く答えるかという教育を受けてきましたが、現代の教育は、それに加えて思考力が要求されます。

学校における探究活動は、ますます重要になってきています。

今日のプレゼンをお見せすることができないのが残念ですが、日本の将来、世界の将来を担う人材を育成するために、よい活動であり、よい発表であったと思います。

 

校長:山田