News中・高総合

 
  • 先生ブログ

1/29 学園創立100周年記念コンサート

2022年、学校法人常翔学園は創立100周年を迎え、さまざまなイベントを計画しています。

その一つに、記念コンサートがあります。

大阪工業大学梅田キャンパスを会場に、11月までの奇数月に開催します。

詳細は、ホームページをご覧ください。

https://www.josho.ac.jp/100th/event/

 

1月29日(土)は、『「おかあさんの被爆ピアノ」上映と被爆ピアノとふれあう会』と題して、二部構成で開催されました。

 

第一部は、映画「おかあさんの被爆ピアノ」を鑑賞しました。1945年8月6日、広島に原爆が投下され、たいへん多くの尊い命が奪われました。その爆心地から3キロ以内で被爆したピアノは被爆ピアノと呼ばれます。被爆したピアノを持ち主から託された調律師の矢川光則さんが実際に被爆ピアノを修理し、自ら運転する4トントラックで全国を回るドキュメンタリー映画です。佐野史郎さんとAKB48の武藤十夢さんがダブル主演を務めています。広島が抱える問題や、被爆を経験した人々とその家族にまつわる話など、とても感動しましたし、考えさせられることが多い映画でした。皆さんにも、ご覧いただきたいと思います。

 

第二部では、学園設置校の学生、生徒や教職員が、被爆ピアノで演奏しました。本校からは高校2年生の生徒が演奏しました。曲目は、ラフマニノフ作曲『プレリュード ト短調 作品23-5』です。演奏後に感想を聞くと、「トップバッターだったのでとても緊張しましたが、無事に演奏を終えることができホッとしました」といい表情で話していました。立派なホールで独奏することは計り知れない緊張感でしょうが、立派にやってのける生徒がいることを誇らしく思えました。

 

校長:山田