常翔啓光学園中学校・高等学校

先生ブログ

トップ > 先生ブログ > 詳細

【校長ブログ106】常翔啓光学園中学校・卒業式 式辞

本日、ご卒業されます第59期生・50名の皆さん、ご卒業おめでとうございます。ご来校いただきましたご家族の皆さま、御子女のご卒業、誠におめでとうございます。心からお喜び申し上げます。

さて卒業生の皆さんは中学校の3年間、本校で本当に色々なことを経験してこられました。皆さんのかけがいのない中学校時代は、この常翔啓光学園中学校と共にありました。
教室で授業を受けたり、友達と一緒に勉強をしたり・放課後、先生に質問にいっ
たりして皆さん着実に学力を付けてこられました。これから高校に入学してより
一層色んなことに興味を持って勉強してください。期待しております。また、ク
ラブ活動でも友だちと楽しく活動した時もあれば、うまくいかずに苦しかった時。
期もあったと思います。それもみんな良い思い出です。

そんな日常の学校生活と違う、経験も中学校ではいっぱい・してきました。それは、中1のオリエンテーション合宿から始まった学校行事です。大山登山や阿南の海洋訓練、体育祭、啓光祭など・仲間と一緒に経験した心に残る学校行事がありました。中でも四万十川方面の修学旅行は本当に思い出になったと思います。

その時々に友達と語り合った楽しい学校生活も・今日で卒業です。いま思えば懐かしいことばかりですね。是非、時間がある時に、中学時代の思い出のベスト10を思い起こし・ノートに書き記してください。何年かしてそれを読めば・写真と一緒になつかしい思い出がこみ上げてきます。こんな色々な思い出を胸にして、これから皆さんは高校へと進学していきます。

私が今日お話したいのは、皆さんの未来は、皆さんの心掛けにかかっていると
言うことです。そして心掛けとは、まさしく、本校の校訓、熱心であれ!力強くあれ!優しくあれ!であります。

若者らしく物事に熱心に積極的に取り組む。また、今、やるべき事に集中して
力強く全力で取り組む。そして周りの人には優しく接して共に協力し合う。そういった物事に対する前向きで積極的な心掛けを私たちの校訓は示しているのです。

私の尊敬するアメリカ合衆国16代大統領のリンカーンの演説の中に(Where there is a will, there is a way.)と言う言葉があり『意志のあるところに道あり』。という日本語訳になりますが、しっかりとした意志、心掛けがあれば、必ず道は開かれるという意味です。皆さんの日常生活で言えば、勉強やクラブ活動が例に挙げられると思いますが、日々苦しいときもあるけれど努力を続けていれば、信じられないチャンスが、皆さんの前に必ず現れます‼ ピヨンチャンオリンピックで頑張ったスピードスケートの高木美帆選手が、苦しい時、挫折した時に、『焦らず、慌てず、諦めず』という言葉を胸に・コーチや仲間に助言してもらって頑張ったと・言われていました。その甲斐があって高木選手は金銀銅の3種類のメダルを獲得されました。皆さんも『焦らず、慌てず、諦めず』努力を続けましょう。『継続は力なり』という言葉もあります。皆さんもどうか、ビッグチャンスを、人生の転機となるチャンスをものにしてください。そのためにも本校の校訓『熱心であれ』『力強くあれ』『優しくあれ』を思い出し、努力を継続してください。

 しかし誰でも失敗したり・挫けたりします。私もこれまで本当によく失敗してきました。それでも失敗を恐れてはいけません。失敗すると言うことは何かに挑戦している証拠です。いけないのは、何もしないで怠けることです。前を向いて立ち上がり、もう一度チャレンジしましょう。本当に行き詰まったときは、一人で悩まずに、周りの人に相談してください。そして助言や助けを求めたらいいのです。

時には、思い込みが強くなり過ぎて、解決策がどうしても見えなかった時、助言を受けることによく見えてくることがあります。また、今、挑戦していることをひとまず横に置いて、別のことに挑戦することも大切な選択肢です。決してそれは今までの努力が無駄になったわけではありません。失敗から人は色々なことを学ぶのです。どうか皆さん周りには親族の方や啓光の友達は勿論のこと、私たち教職員がいることを忘れないでください。辛いときは是非、相談してください。大丈夫です。みんな、あなたたちを応援しています。

楽しい時、仲間がいれば楽しさは2倍になります。また、辛い時、仲間がいれば辛さは半分になります。皆さんは一人ではありません。今日、一緒に卒業する仲間がいるのです。

そして、皆さんは常翔啓光学園中学校の卒業生であることの・誇りを胸に持って、これから始まる高校生活を心から楽しみ・元気に過ごしてください。私たち教職員も皆さんの母校・常翔啓光学園中学校の発展に全力を尽くすことをお約束します。皆さんのご親族の方は勿論のこと、私たち教職員が、あなたたちを応援しています。卒業される皆さんのご健康とご活躍を心から願いまして私の式辞とさせていただきます。
2018年3月10日    常翔啓光学園中学校 校長 吉村 仁志

  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 中学校募集要項
  • 高等学校募集要項
  • 資料請求
  • いじめ防止基本方針