常翔啓光学園中学校・高等学校

先生ブログ

トップ > 先生ブログ > 詳細

【放送朝礼3月16日】

おはようございます。3月16日、放送朝礼の時間です。姿勢を正してください。黙想。
やめてください。今日の担当は、中学校教頭の岩村です。よろしくお願いいたします。
今回は2018年度、最後の放送朝礼となりました。そこで、皆さんには今年度一年を振り返ってほしいと思います。それでは皆さんに質問です。皆さんは今年度一年間を通して、真面目に集中して授業を受けましたか? どうでしょうか。 真面目にきちんと授業を受けました、という人はその姿勢を今後も続けていってください。授業中、ぼーっと他のことを考えていることが多かったな、という人がもしいたら、来月から始まる新年度のスタートと共に、授業を大切にすることを常に意識して、まじめに授業を受けてください。
中学生の皆さん、皆さんにとって、大学受験はもう始まっています。今頑張っている勉強は、4年後、5年後の大学入試につながっているのです。中学時代に築いた勉強の基礎の上に、学年が上がるごとに新しくより難しくなった内容の学習を積んでいきます。中学からの基礎を作っておくことで、高3になった時に、復習に追われず自分の勉強ができるようになります。もう大学入試は始まっている、という意識を持ってください。
「継続は力なり」と言いますが、家で勉強を続けるのはしんどいですよね。目に見えて成績が上がらない時があるとなおのこと勉強を止めたくなります。しかし、目に見えた成果はすぐには表れないかもしれませんが、目に見えない形で学力はついているものです。そう信じて、毎日家庭での勉強を継続してほしいと思います。 
しんどいことを継続するためには工夫が必要です。少しでも「楽しい」と感じることができれば続けやすいと思います。そのための工夫とは、まず具体的な目標を持つことです。具体的に入学したい目標大学を決め、その大学でどんなことをしたいかを明確なイメージとして持ってください。その時に、楽しいことだけを考えるようにしましょう。次に勉強するにあたり、自分の気に入った文房具をそろえておきましょう。学校で使うシャーペンと家庭学習用のシャーペンを使い分けてもいいかもしれません。 また、音楽が好きな人は、勉強中に音楽をかけてもいいでしょう。ただし、音量は小さくしておくことと、勉強が楽しくなってきたら、音楽をかけることは止めることが大事です。あくまでもしんどい勉強を続けるための工夫の一つとして、好きな音楽を流すのです。そうした工夫もしながら、勉強を続けてください。勉強し続けることが、確かな学力を作ります。
学校の授業を大切にすること、高校生はもちろん、中学生もすでに大学入試は始まっているという意識を持つこと、工夫して家庭での勉強を続けること。
来月から新年度が始まります。皆さんの頑張りに期待しています。

  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 大阪私立学校展2019
  • 資料請求