常翔啓光学園中学校・高等学校

先生ブログ

トップ > 先生ブログ > 詳細

【校長ブログ166】集中力と苦手克服方法

先日、6階の自習室を訪ねましたが、受験を間近にひかえた高3生が集中して机に向かっている姿を見て、とても頼もしく感じました。誰一人、私が部屋に入ってきたことに気づかずに集中して勉強に取り組んでいました。部屋の空気もピンと張りつめていて、ただ、その静けさの中にかすかに参考書をめくる音と、問題を解く鉛筆の音だけがしていました。久しぶりにそんな緊張感に触れた気がしました。
集中して勉強に向き合う姿は、本当にその人だけの世界なのでした。

皆さんも、何かに集中した経験があると思います。それがスポーツであったり、勉強であったり、あるいはゲームもその一つかもしれません。
皆さんも、好きなことには集中できます。私たちの脳はそのようにできています。例えば、ゲームをしている時や大好きなテレビ番組を見ている最中に、声をかけられても気づかない人がいますが、それこそ凄い集中力です。

問題は、勉強する時に苦手な教科に対して、いかに集中するかです。気の進まないことでも、やらなくてはならないものが必ずあり、避けることはできません。避けることができないのなら、嫌なことに対してどうやったら集中することができるかがカギです。

そのために、自分の集中力を高める訓練があります。苦手だけれども絶対にやらなければならないことは、必ず一日10分から25分するというルールを作ることです。ただし毎日やることです。毎日やっていれば少しずつ苦手なことも克服できます。できれば25分継続してください。それを続けられたらもう苦手ではなくなります。25分の継続はポモドーロ・テクニックと言って科学的な集中力のメカニズムとして立証されています。
どうか皆さんも試してください。苦手克服を祈っています。

  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 常翔啓光学園中学校 デジタルパンフレット
  • 大学進学実績
  • 資料請求
  • 図書室