News中学校

 
  • トピックス

中3未来探求コース 新潟修学旅行③

新潟の上越妙高からバスで新潟の燕市に来ました。
燕市は包丁や銅器などが有名な地域です。

今回の修学旅行1か所目の見学は燕市産業史料館にお邪魔しました。
燕市の銅器の歴史などを学び、体験工房では実際に銅製のタンブラーを金槌でたたき、模様をつける作業をさせてもらいました。

短い時間の中ですが、一心不乱に取り組んでいました。
作ったタンブラーはお土産に持って帰れるとのことで、いいお土産になりましたね。

また史料館にはギネス世界記録に認定された大きなスプーンとフォークもあり、皆で盛り上がっていました。

その後、包丁工房にお邪魔をし、包丁の製作過程について学びました。
明日はいよいよ佐渡島です。

2組S君
史料館で展示を見て、思っていたよりもたくさんの種類のスプーンがあって驚きました。
タンブラー作りでは、ハンマーで何回も叩きながら模様を作るのが楽しかったです。
でも、ずっとハンマーで叩いていたので腕が思ったよりも疲れました。
包丁工房の藤次郎さんでは、日本の職人の方が海外の雑誌にも載っているのを見せてもらったりして日本の包丁製作の技術に驚きました。

明日はいよいよ佐渡島に行きます。
金山で金の延べ棒を取る予習もしてきたので準備ばっちりです!
明日が楽しみです!